男の人

連結納税システムで賢く節税|グループにメリットがある

作業手順書

2人の女の人

ワークフローは作業手順書です。いつ誰がどのように行うのかを明確に図式化したものがワークフローです。さらに細かい手順を示したものがマニュアルになります。作業の一律化や品質の改善、そして問題点の発見などワークフローは重要な役目を果たします。

詳細へ

社内承認システム管理

2人の女性

承認行為の電子化が人気

社内のいろんな承認には、上司や関係部署を回して書類などで承認を回していきますが、それをシステムで管理することが人気です。このシステムのことをワークフローシステムと呼び、たくさんの製品がそれ単体やグループウェアと組み合わせたりして販売されています。このワークフローシステムの人気の秘密は、やはり書類や承認行為の電子化や、コンプライアンス遵守に使えることです。電子化をすることで承認行為の迅速化が図れますし、責任部署の明確化もできるのでコンプライアンス的にも良いのです。もちろんどこでも承認ができますので、現在社会のビジネスの速度に対応させやすいというのも、ワークフローが人気になっていると言って良いでしょう。

承認行為の電子化の特徴

ワークフローシステムによる承認行為の電子化には特徴があり、それを生かすことで、ビジネスを加速させることができます。まず、最初にワークフローを導入することで承認ルートがはっきりわかり、内容により分岐する条件も明確化されます。また、いまどの部署の誰が承認しようとしているかがわかりますので、早く承認してもらいたいものについて、直接その方に承認を促すことができます。またワークフローシステムを導入するには、申請書類の統一化を図る必要があるのですが、これにより部署間の違いを埋めることができます。こういった特徴がありますので、ワークフローシステムは数多くの企業で電子化しやすい業務として導入が進んでいるのです。その他にも重宝されているシステムに連結納税システムがあり、グループ会社のところは積極的に活用すると良いです。連結納税システムは確定申告の際だけではなく、決算の際にも活用することが出来る便利なシステムになっています。

会社業務を変えるシステム

ウーマン

会社業務に膨大な書類の処理は付きものですが、ワークフローシステムを導入することでそれらの書類を電子化できます。書類をペーパーレスとすることによって業務はさまざまな面で効率化が実現され、作業ミスを減らすと同時にコストダウンにもつながるのです。

詳細へ

どんな業務にも通用する

オフィス

ワークフローは、作業手順書です。工場などでは当然のようにワークフローが導入されて、品質や時間を担保していますが、デスクワークにおいて導入されているケースは少なくなっています。デスクワークでも完成品の品質を担保する上においては重要な位置づけです。

詳細へ